緑内障
緑内障とは?
緑内障とは、見える範囲(視野)がだんだん狭くなって、場合によっては、最後には失明してしまう
こともある病気です。その原因は、目の圧力(眼圧)が高くなることと、目にくる血液の量(血流)
が少なくなることと言われています。主な原因は、眼圧です。ではなぜ眼圧は高くなり眼圧が高くなる
ことがどうして目にとって悪いのでしょうか?

眼球は簡単に言えば、房水という水の入ってボールです。
房水は水彩(茶目)の裏にある毛様態という部分でいつも一定量生産され、水晶体や角膜(瞳の膜)
に栄養を与える役目をしています。

そして生産された房水は、角膜と虹彩の根本の「隅角」という部分から吸収されます。
房水の生産と吸収が同じ量ならば、眼圧は上がりません。隅角は、房水を目の外に排出する下水管の
役目をしていますが、この働きが悪くなれば、目の中に水がたまり眼圧が上昇するわけです。

ヒトの眼圧の正常値は、10〜20ミリHgですが、これを越える眼圧が長い間続くと目の神経に
悪い影響が出てきます。目の神経は脳から約100万本の神経線維の束として眼球内に入りそこで
90度方向を変えて、アサガオ上に眼球内壁に広がって「網膜」という光を感じる視神経の膜となります。
視神経が90度方向を変えて、アサガオ状に広まる視神経の根本の部分を 「視神経乳頭」と言います。
眼圧が高くなると、この視神経乳頭が圧迫されてくぼみができると共に神経線維が1本ずつだんだんに
死んでいきます。視神経が死んだ部分の網膜は、光を感じることができないので、
その網膜が担当している視野は見えないことになります。

この状態を視野の狭くなった(視野狭窄)と言い、これが進むと失明に至ります。

緑内障は、十年、二十年と長い時間をかけてゆっくりと進行し、自分で視野が狭くなったと気づいた時には、
かなり悪くなった時です。少しぐらい眼圧が高くても自覚症状は全くないのです。
これが緑内障の恐ろしいところです。

ですから、健康診断などで視神経乳頭に異常があると言われたら、まず眼科医の精密検査を受けることを
お勧めします。検査は、眼圧、視野、眼底、隅角検査などを行い、それらすべての所見から、
緑内障かどうかを診断します。

緑内障で視神経を痛める原因は、眼圧が高いことですから、治療は眼圧を下げる目薬を使うことが
主な治療になります。それでも眼圧が下がらない場合は、手術になります。

そして、なにより大切なことは、眼科での定期診療を欠かさないことです。