アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎の症状
アレルギー性結膜炎になると、結膜が赤くなったり(充血)、
まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増え、かゆみ、
しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどがあらわれます。
症状がひどくなると、出血、耳の前のリンパ腺(耳前腺)の腫れ、
まぶたの急激な腫れ、白眼がブヨブヨしてくる(結膜浮腫)、
発熱などが起こることもあります。
アレルギー性結膜炎(巨大乳頭結膜炎)
アレルギー性結膜炎の原因 アレルギー性結膜炎の原因は、他のアレルギー疾患の原因になり得るものと変わらず、
ほこりやダニといったハウスダストや、花粉、草などの植物、動物の体毛やフケや唾液、
食物、カビ、微生物、化学物質などなど、
特定に困難を極めるほど多くの物質に対しアレルギー反応を起こす可能性があると言われています。

中でも、ある特定の季節にだけ起こるアレルギー性結膜炎は、花粉が原因になっている場合が多く、
時期が過ぎると良くなるのが特徴です。
また、時期によらず起こってしまうアレルギー性結膜炎は、ハウスダストやカビ、
ペットの毛が原因になっていると考えられます。
花粉症の原因となる樹木・草木−年間の花粉症飛散時期 アレルギー性結膜炎の治療 アレルギー性結膜炎と診断されたら、抗アレルギーの働きがある目薬による治療が行われます。

アレルギー性結膜炎の症状が、非常に強い場合はステロイドの成分を配合した目薬を
処方されることがあるのですが、
効果が高い分、眼圧が上がるという副作用もあり、
症状の緩和状態を通院で観察しながら使用する必要があります。
また、点眼のみでアレルギー性結膜炎の症状が改善しない場合、
アレルギー症状を抑える内服薬を飲むという治療を併用されることもあります。

花粉症の症状としてアレルギー性結膜炎を起こしてしまうということが判明している場合、
該当する季節に花粉に接触しないようにする工夫をすることで、ある程度の予防が可能です。