手術申し込みから手術までの期間
当院では、白内障手術においては、手術を申し込まれた日から、
約1ヶ月後に手術日を設けるようにしています。

その理由は、手術日までに術前検査と術前診察で、
2回来院していただく必要がありますし、
全身疾患を有する場合は、内科に行っていただく場合もあり、
ある程度日程のゆとりが必要だからです。
しかし、病状により早急な手術が必要な場合は、
即日または3日以内に、手術を行います。

また、免許の更新日が近いなど事情がある場合も、1〜2週間後のできるだけ早めの手術を行います。
ただ、免許の更新日は、あらかじめわかっているので、最低でも免許更新日の2ヶ月前に手術予約を
入れられることをおすすめします。

免許更新日の1ヶ月前に白内障手術が終了していれば、乱視などでメガネが必要な場合でも
ゆとりを持って作成できるメリットがありますので、早めの受診をお勧めします。

網膜剥離は、その病状が緊急を要すれば、副院長田中医師が診療している月曜日から木曜日ならば、
即日手術を施行します。病状がそれほどの緊急性を要しない場合は、直近の月曜日に手術を行います。
その他の網膜、硝子体疾患では、ほぼ1ヶ月以内に手術が可能です。
眼瞼下垂手術は、月曜日の午前に行っていますが、この手術は現在大変人気があり、
手術まで2ヶ月程度お待たせすることがございます。
緊急性を要しない手術なので、ご理解のほどお願い申し上げます。