白内障手術を希望される方へ
◎当院での手術は全て日帰りとなっております。(入院施設はございません。)
◎硝子体手術は毎週月曜日です。(学会等の都合にて変更となる場合があります。)
◎両眼同時の手術はおこなっておりません。
◎手術前に、術前検査(所要時間約1時間)・術前診(所要時間約40分)・
 説明会(所要時間約1時間)の3回来院があります。
 (混雑や患者様の状況によって、時間や来院予約は異なります。)
 そのため、予約から手術までに最低2週間前後の余裕が必要となります。
 (手術の予約状況により、ご希望に添えない場合もございます。ご注意ください。)
◎術前検査等は全て指定時間での予約制となります。
◎予約時、看護師から詳しい説明をいたします。お時間にゆとりを持ってお越しください。
◎術前診察時は瞳を開きますので、お車での来院はできません。
お電話での予約はお受けできません。
◎手術当日〜翌日受診までは、眼帯となります。
 そのため、視界が狭くなりますので、ご注意ください。
◎手術後、視力が落ち着くまで車の運転は控えていただいております。
◎お仕事に関しては、術後控えていただかなければならない場合もございます。
 医師または看護師にご確認ください。
硝子体手術が必要な目の病気
黄斑上膜
黄斑(網膜の中心で感度の良い部位)の上に膜が形成され、歪みなどの為に見にくくなる
病気で、視力がある程度まで下がったら手術が必要になります。
黄斑上膜写真 術前
黄斑上膜写真 術後
黄斑円孔
黄斑に円い穴が開き中心が見にくくなる病気で、早めに手術が必要になります。
眼内にガスを入れるため、手術当日うつ伏せ姿勢が必要になります。
黄斑円孔写真 術前
黄斑円孔写真 術後
黄斑浮腫
糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症のために黄斑がむくんで見にくくなる病気で、
注射や、レーザー治療などの効果が不充分の場合に手術が必要になります。
黄斑浮腫写真 術前
黄斑浮腫写真 術後
硝子体出血
硝子体(目の中身のゼリー状の部位)が血液で濁ってしまうために見にくくなるもので、
糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などが原因で起こります。
飲み薬を飲んでも吸収しない場合に手術が必要になります。
網膜剥離
穴や裂目ができて網膜(眼球の内張りでカメラのフィルムに相当する部位)が
はがれてしまうことでみにくくなる病気で、急いで手術が必要になります。
手術では眼内にガスを入れるため、手術のあとに姿勢の保持が必要になります。
網膜剥離写真 術前
網膜剥離写真 術後
糖尿病網膜症
病状が進行してしまい黄斑浮腫、硝子体出血や増殖膜による網膜剥離などのために
見にくくなった場合、比較的早めに手術が必要になります。
糖尿病網膜症写真 術前
糖尿病網膜症写真 術後